体に優しいのにめっちゃジャンキーな天然酵母パンを長野県産小麦粉100% 冷凍で!!60サイズ 一部地域送料無料

3,500円(税込)

商品情報(体に優しいのにめっちゃジャンキーな天然酵母パンを長野県産小麦粉100% 冷凍で!!60サイズ 一部地域送料無料)

原材料

パン生地共通材料 長野県産小麦 長野県産全粒粉 先双糖 米油 パン酵母(米、麹、小麦由来) その他材料はパンにより異なります。商品外袋に記載しています

食べ方(調理理手順)

①冷凍状態 自然解凍か、霧吹きをして2分程度トースターなどで温めなおしていただくと焼きたての味が味わっていただけます

保存方法

-18°以下で保存してください。

賞味期限

到着より1ヶ月もしくは解凍より24時間以内

返品・交換について

当社の責任により商品に欠陥があった場合、代替品の再配達を行います。 代替品でご都合がつかない場合に限り、商品到着後2ヶ月以内の申し出により、返金を承ります。

体に優しいのにめっちゃジャンキーな天然酵母パンを長野県産小麦粉100% 冷凍で!!60サイズ 一部地域送料無料のコンセプト

80サイズのパンと入る種類は同じですが、お気軽に、少人数のご家族でも、おひとりさまでも

お試しいただける、宅急便60サイズでお届けします
60サイズは、食パン半斤と(スライス枚数はご注文時にお知らせください)
菓子パン、総菜パン、ハード系をバランスよくお入れして、9個前後になります

食パンが不要な場合は、菓子パンか総菜パン1個に代替えできますのでご注文時にお知らせください

Kuuhくうぱんを代表する定番商品
食パンと、あんパン、めろんぱん、クリームパンをご紹介いたします

 

食パン
耳を残していたお子様が、耳に気づかずに食べてしまうほど柔らか!

材料は、小麦、無精製きび糖、ご飯、米油、塩、パン酵母
美味しさの秘密は、生地に練りこんだ、ごはん なのです。
安曇野産特別栽培米 こしひかりを、信頼する農家さんから直接仕入れています

安曇野 コムコムファーム 小室さんのお米です。


ご飯が麹の酵母と低温長時間発酵することにによって、

甘くて柔らかなパン生地を醸し出します。

甘っつ!と感じるのは、砂糖や生クリームたっぷりの甘さではなく、
酵母とご飯の発酵した自然の発酵の成す、体に優しい甘さです

ぜひ、生で味わってみてください。柔らかさと甘さに驚くはず。。

その次は軽くトーストで!何もつけずにお召し上がりください。
甘さと、さっくさくの歯切れと、もっちりするのに、心地よいくち溶けに、びっくりです

 

あんぱん
しつこくないあっさり甘さのあんこの秘密は、他には見ない、超低糖度 42度のあんこ

通常市販のあんこは50から60度の糖度のものが多いです

大阪の老舗あんこ問屋、茜丸さんの、オーガニック小豆を使った超低糖度42度のあんこを使用しています。
材料は小豆と砂糖だけです。お砂糖が少ないから、テカテカしない、色は藤色かかった小豆色。お客様からはお家で炊いたあんこのように、小豆そのものの味がする、と好評です。

メロンパン
卵もバターも使ってないのに、ちゃんとメロンパンやん!

なんちゃってじゃない、、ちゃんとメロンパンを目指して作りましたが、

材料はとことんシンプルです。
クッキー皮は、小麦、豆乳、米油、きび糖、バニラ です

 

富成伍朗商店さんの豆乳クリームパン
長野県松本市にあるお豆腐屋さんの作る、季節により濃度を変えているというこだわりの豆乳は豆腐のそのままの味がするのに、豆腐臭くない、大豆をそのまま飲める豆乳なのです。
お店の開業準備中にこの豆乳を知り、あまりのおいしさに衝撃を受け、ぜひともうちのお店で使いたいと、くーパン店主自ら富成社長に、豆乳をクリームパンにしてうちのお店で使わせてください!と直談判しに行きました。
その場で3個、、無言でパクパクと食べてくださった富成社長様。。感謝しても感謝しきれません。
その名に恥じぬよう、豆乳の味を最大限に引き出せるよう、豆乳以外の材料は、極力少なく。

きび糖と豆乳を固めるための米粉と味を引き締めるための微量の塩
これだけで十分満足できる豆乳クリームパンです

その他季節に応じで旬のパンをそろえてお送ります。

当店のホームページ、インスタにご紹介しておりますのでご覧くださいね!

https://kuuh-pan.com/

天然酵母のパン工房KUUHくうのストーリー

まさか自分の子どもがアレルギーに。。

食べれるパンが売ってない、ならば私が作るか!

で、、、結果・・・パン屋になってしまいました。

 

天然酵母のパン工房 KUUH くぅ 店主 坂本久美子(さかもと くみこ)です

出身は大阪、長野県安曇野市穂高に令和元年1月に移住し、

同5月1日、令和の日に、天然酵母のパン工房KUUHくぅ をオープンしました

何でパン屋さんになったの?

二人の子どもたちが、まだ赤ちゃんの頃。。

長女(姉)、長男(弟)、長男が育児休暇の時に通った、天然酵母のパン教室がパン作りのきっかけでした。

たまたま近所にあって、子ども連れで行けるという気軽な気持ちから

私はパン作りの楽しさにどっぷりはまったのですが、まもなく息子の離乳食が始まり、、、

 

食べるようになった1歳ごろ、急に始まった湿疹、アトピー。。

喘息の発作。日々ひどくなり、血まみれで体をかきむしる、咳き込んで夜も寝れない日々が続き、心身共に疲れ果てていました。

当時通っていたパン教室の先生に、食を見直してみたら?とアドバイスいただき、勧めていただいたマクロビオティックを勉強し、菜食にする、動物性、白砂糖を取らない生活をするようになりました。

ある日市販の飴を大量に食べてしまった息子、、その夜に湿疹が大量に発生し、喘息の発作が出ました。

その時初めて、食べたものがどれだけ体に影響するのか、ということに気づいたのです。

そして私が家で焼いていたパンは卵、牛乳、バター、白砂糖を使っていた。。

当時、私はパン作り好きが高じて、パン屋さんに勤め、早朝勤務が難しくなったので自宅でパン教室を開くまでになっていました。

そこで教えていたのは、白砂糖、卵や乳製品を使ったパン

そのパンはうちの子どもは食べれないパンだった矛盾。。。

 

それなら、この子が食べれるパンを作ろう!

うちの子が食べて安心なら、生徒さんやお客様にも安心です!と自信をもって勧めれる。

 

そこからは無我夢中でレシピを考え、卵やバターが入ってなくても美味しいパンを開発し、卵乳製品動物性食品不使用の天然酵母パン教室に方向転換しました。

長野に引っ越すまで、10年続けましたがネットで全国から生徒さんが習いに来てくださいました。

時代は2000年代前半くらいなので、まだビーガンという言葉は日本ではあまり聞かなかったとおもいます。マクロビオティック全盛期くらいです

当時教室に通ってくださった生徒さんのご主人が経営する大阪市内の自然食品店にパンを卸してほしいとのご依頼をいただき、販売させていただくことになりました
教室経営と並行して、約8年にわたって卵乳製品白砂糖、動物性不使用国産小麦のパンを販売させていただきました。

その後ご縁あって、京都府京田辺市の野菜直販所で京野菜を使ったパンを2年販売させていただきました

当時大阪での生活、いやじゃないけど、どこか違うところで住んでみてもいいんじゃないかというふつふつとした思いが消えず。。

どこ?て考えたら、大阪の次に大好きな長野県しか思いつかず、スノボもできる、毎年通っていた長野県、

思い立ったら即行動した私は、紆余曲折ありましたが、約2年かけて、長野県安曇野市に、卵乳製品不使用、動物性、白砂糖不使用の天然酵母のパン屋、

天然酵母のパン工房KUUHくぅをオープンさせました

家族は学校や主人の仕事の関係上、大阪に息子と主人、安曇野に私と娘の2拠点家族になりました。コロナ禍もあり、なかなか行き来もできませんが、新しい家族の形を楽しくやっています。

お店をオープンして2年経った頃には、ありがたいことに通販のご依頼もたくさんいただき、うちのようなパンをお探しのアレルギーをお持ちのお子さん、ビーガンの方が全国にたくさんいらっしゃることを実感しました。お客様からはこんなにおいしい、普通のパンと変わらない、いや、さらに美味しい!のお声をいただいています

安曇野の店舗では、小さなお子様が絵本じゃない、初めて見るメロンパン、色とりどりのパンに戸惑う姿も。。。

ほんとにどれも食べていいの?と不安げに親御さんに確認する姿も、
いいよ!全部食べれるよ!という親御さんのお姿、涙する方も。。。

本当にこのお店を開いてよかったなぁと思います。

厨房内は、卵乳製品、動物性、白砂糖は持ち込み禁止ですのでご安心くださいね!

 

ビーガンでも、ビーガンじゃなくてもみんなで一緒においしい!

ビーガンやのにジャンキーやんをモットーに!

 

ブイクック様のお力をお借りして、うちのパンを求めている全国のお客様に、、

もっと身近にビーガンのパンをみんな一緒に食べる幸せを食卓にお届けできればと思います

 

Oops!

Sorry, it looks like some products are not available in selected quantity.

OK