和のかし 巡のアイコン

和のかし 巡

オーガニック、グルテンフリーの和菓子屋
  • 商品一覧
  • ストーリー
  • 店舗情報

和のかし 巡のストーリー

人生の仕切り直しが必要だった体ボロボロからのリスタート

前職は米国系オーガニック化粧品会社のPRをしていた10年、ピュアなアロマや植物ベースの商品を扱うのに仕事が多忙で、ストレスや低体温など体の不調が重なり疲労も蓄積していた12年ほど前、夫をガンで亡くしました。生活習慣、食事、睡眠、ストレス、様々なことでもっと彼にできたのではという後悔と、彼なしで元気で心穏やかに一生仕事を続けるには何をするか。


「食べ物で体はできている」を意識し、マクロビオティックを勉強・実践して体を根本から直しはじめました。今までと全く別の仕事をしたいと思い、数少ない選択肢でお菓子作りが好きだとことから、自分が食べたくなる甘ったるくない健康的な和菓子を作りたいと思いました。まずは技術を磨くことから、と製菓学校夜間の和菓子科で2年勉強し、昼間は和菓子屋で修行バイトをしていました。

 

当初から、小麦粉を使わない、無添加であること、できる限り有機や無農薬の素材を使う。白砂糖ではなく、血糖値をあげにくい低GI値のココナッツシュガーかアガベシロップを使うことに決めていました。糖分は非常に重要な要素で、体を冷やす黒糖やきび糖や、農薬まみれと聞いている甜菜糖も使いたくないと考えていました。本当に自分が体にいれたい食材だけで作る和菓子を、お客様にも提供したいとずっと考えていました。

 

縁があって、代々木上原の今の場所で物件をみつけ、店をオープンすることになりました。それまでマクロビ和菓子研究家としても活動していた中で、生徒さんたちに好きな和菓子を聞くと誰もが「大福」と言っていたので、カジュアルで誰にでも愛されやすい大福を、白米の餅米ではなく、玄米の餅米に雑穀や豆をいれていままでにない新感覚の商品にしたいと思ったのです。

添加物が非常に多く使われるお菓子。添加物を摂取しないことで、体の免疫力は下がらない。つい日持ちやもちもち、柔らかさを求めて様々な添加物が入った材料を使いがちですが、ヴィーガンであっても無添加が一番重要です。

店を開いてから、アレルギーや病気をしている人、または闘病中、グルテンフリー実践者などが全国から来店されはじめ、現代人の問題をつきつけられた感じがしました。大病気になっても甘いものは食べたいのは誰もが思うもの。体への負荷を最小限にし、逆に食べた後に身体が喜ぶぐらいのお菓子にしたいという思いがより強くなりました。

 

誰もがやらないヴィーガン、グルテンフリー、オーガニックという和菓子屋。唯一無二な店。お菓子だけでなく、美味しくて無添加の食材も取り揃えている変わった和菓子屋。

和のかし 巡の店舗情報

店名・社名 和のかし 巡
所在地 〒151-0064
東京都渋谷区上原3-2-1
連絡先 03-5738-8050
運営責任者 黒岩ノリコ
HP wa-meguri.com
返品について 当店の責任位より商品に欠陥があった場合、代替品の再配送をいたします。その際、配送料は当店が負担させていただきます。ご返金がご希望の場合は、ご連絡いただきました日から1ヶ月以内にご返金いたします。